ほうじ茶というと古い感じするけれど、やっぱり一番ほっこりお茶する


病院へ営業する仕事柄、よく医者と長時間に渡り薬の説明会などを行っています。

小一時間程度であれば水分を必要とはしませんが、説明を理解してもらうために長い時間をいただくこともしばしば。

といっても仕事の話が半分に雑談が半分というのが現実です。

とはいえ楽しく商談+談笑ができていてもやっぱり1時間以上となると口は乾きますし身体もだるくなってきます。

そんなときにカバンからスッと医者と私の分、伊藤園のおーいお茶シリーズのほうじ茶を出します。

医者もにこっとしてくれて一緒に一服感を味わう。

このときに不思議とお医者さんという立場の人であっても、我々MRなどと同じようにほっこりするのだと感じます。

もちろんこのほうじ茶が功を奏して商談が上手くいくこともあるかもしれませんが、それ以上にお茶によって共有できる感覚が仕事につながっている気がするので、ほうじ茶を二つもって商談することを忘れないようにしています。

MRという仕事はどうしてもノルマや転勤が多くストレスがたまりやすいです。MR 転職を考えることもありますが、今日もほうじ茶を飲んで頑張っていきます!

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ほうじ茶というと古い感じするけれど、やっぱり一番ほっこりお茶する関連ページ

ほっとできるほうじ茶は、今では海外旅行には欠かせなくなりました
お茶はどれも好きですが、特にほうじ茶が好きです。あの香ばしい香りが何とも言えません。 ほうじ茶のファンになったのは数年前に行った海外旅行でのことです。初めて外国にほうじ茶を持っていきました。東南アジアのホテルでしたので、 […]
寒くなってきたらカフェインの少ないほうじ茶のホットでしょ
ほうじ茶は緑茶に比べるとカフェインが少ないのでこどもでも飲めます。しかも寒くなってきたときにからだを温めることができるし、カフェインが少ないので利尿効果が低いのでトイレが近くなる心配もありません。寒いとトイレが近くてイヤ […]
学生時代からほうじ茶に親しんでいますが、奥が深いです
学生時代、東京に遊びに行って吉祥寺駅で降りると、駅前のお茶屋さんから濃厚なほうじ茶の香りがしたものだった。 そのころは「なんでこんなにシティライフにそぐわない香りを振りまいているのだろう」と怪訝に思っていたが、今思えばほ […]
お茶なら緑茶もほうじ茶も大好き
お茶は毎日昼食の時と夜のゆったりした時に飲む習慣がついています。 昼食時には緑茶を頂きます。緑茶を頂いてからほっと一呼吸おいてそれから嫁の作ってくれた昼食を頂くのが習慣です。 緑茶を入れるのは自分か主人のどちらかです。 […]
目覚めの一杯はほうじ茶で、お昼の一杯は烏龍茶、就寝前にはジャスミン茶
朝はほうじ茶がいい。 湯のみを温め、急須に入れた茶葉に適正温度のお湯をゆっくりと入れていく。 香ばしいなんとも言えないほうじ茶にしか出せない香りが身体を起こしてくれる。ほうじ茶の香りは体内目覚まし時計。 昼は烏龍茶がいい […]
ほうじ茶について
ほうじ茶は、もともとは緑茶です。でも緑茶をいって火を通しているので、緑茶と比べると体を冷やさないようです。そう言えば、以前こんなことがありました。子どもが毎日学校に水筒を持っていくので、中身を緑茶にしたところ、学校から帰 […]